スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外!意外!?行けるものね 厨二ing的釣りレポ~釣会議編~

最近ブログさぼってばっかですみません。厨二ing病@釣り人です。

ごめんなさい。ニコニコ動画ばっかり見て、Twitterやって、一日が終わり・・・そしてまた明日という毎日を過ごしておりました。
インドア派になってしまって、確実に篭っておりました。

特にネタもなく、釣行も前回の離島釣行が最後になっておりました。

しかーし、今日はニコニコ超会議の日。何かしなければ・・・ということで。
・・・別に超会議レポとかするわけじゃないですよ。ご安心ください。

僕は僕なりに今日は釣会議しようということで、釣り行ってきました。

・・・今回はアフィリエイト要素少なめです。許してください。




春の朝日の中、僕は幕張メッセに思いを馳せながら小説を書いてました。
時刻は6時、普通なら寝てる時間です。

「よし、今日は釣り行くか」

と意気込んで身支度。

家を出るとちょっと寒いくらいでした。

自転車で数キロ走り、釣具のポイントへ・・・。

こないだの離島釣行で部品欠陥して修理に出したリールを受け取るついでにエサ買おうと思って、店員さんにリールのことを尋ねると、あたふたされました。

15分位店内をウロウロしてました。特に買うもんもないんで、これが長く感じるんですよ。

新製品の投げ竿をちょっと見せてもらえばよかったな、と後悔してます。

お客さんも多くて店員さんも忙しんで文句は言えませんね。

結局リールは帰ってきませんでした。残念。

エサを買うときに注文してからパックに入れてもらうのですが、その時最後に店員さんに

「大きいの釣ってくださいね~」

と一言かけられて、よし、と息を入れます。

今回はリール代分、青ケブ&豆コウジを二匹買いました。

経済的に切羽詰まってる時の釣りってこうシビアな数で買ってしまうんですよね。アフィリエイターは厳しい。

ま、二匹でもワンチャンスがあれば・・・という験担ぎで・・・ね。



7時半、自転車で国道199号を突っ走ります。

お目当てのポイントがあるんです。

2月に大型カレイを仕留めたポイントへ・・・。

・・・ってあれ?人がいる・・・。

一人しか入れない竿抜けポイントに今日は人がいました。諦めざるを負えません。

GW大嫌い!!!!



さらに国道199号を門司側に走ると、スーパー銭湯があって、向かって右手に海浜公園みたいなのがあります。

駐車場側に入って左手に空き地があって、海浜公園側はサビキやらフカセやらでどうにも投げ釣りしにくそうだったんで、仕方なく空き地で釣りをすることに。

今回も竿は三本出して、リールはPEモデルの一つ以外は全部三千円以下の安いリールで始めました。

右から。

ジェット天秤25号(PEモデルリール)達人直伝闘魂真鯛S 豆コウジ

海草天秤35号 市販仕掛け 青ケブ 

海草天秤35号 市販仕掛け 青ケブ


と並べました。道糸はPE2号+力糸と5号を使います。

Twitterで超会議情報を集めながら、呟きながらしているとなんと豆コウジにアタリが・・・。

ぐんっっと竿先が入って、本アタリっぽいのが来ました。

すかさずアワセ・・・だったんですが、スカッと力のない感じ。

巻き上げてみるとコウジさんが無残なことに・・・。
違和感を感じて離してしまったようです。多分チヌでした。



その後なんのアタリもなく、10時になってしまいましたorz

情けない、エサももうない。

とりあえず竿を青ケブ竿一本にして、最後の一投!!

Twitterに「今日はボウズ、降参」と書きかけたその時。

竿がズズズっと横スクロール!!

キタコレ!!

軽くアワセを入れてみると確かな反応、アタリからしてキスじゃない。

海から上がったのはキュウセン(ベラの仲間)でした。

キュウセンは暖かい海が好きなんで、寒い冬の海では冬眠します。

僕にとっての春の訪れでした。



春っていいですねぇ・・・。次はどこに釣りいこうか、ワクワクしています。

でも沖縄が梅雨入りしたから、春の余韻ももう少しなんですね。残念。




今回使った仕掛けがこちら!!




ダイワ(Daiwa) プライムサーフT 33号-425 640305

新品価格
¥10,360から
(2012/4/28 14:19時点)




タカタ(TAKATA) 2本入り ロケット天秤 遊動 35号 オレンジ

新品価格
¥483から
(2012/4/28 14:20時点)



スポンサーサイト

春到来!!離島釣行はいかが?

4月になりいよいよ春到来ですね!

魚の活性が上がる・・・タイ類の乗っこみ・・・カレイのラストスパート・・・

考えただけで2828しちゃって顔も緩みがちです。

今回はちょっと思考を凝らした釣行がしたかったので、離島釣行取材を敢行しました。
離島・・・それは人里離れた釣り場で、竿抜けポイントを味わう。そして大陸とかけ離れた釣果。

つまり、パラダイスなんですよ!!

離島といえども大小様々で、そこへ行く方法も様々。
まぁ代表的なのは四国の小豆島や、新潟の佐渡島なんですが・・・貧乏アフィリエイターの僕は金無しなので、家から近い港の小倉港から出ている市営渡船に乗って「馬島」という小さな島へ投げ釣りへ・・・。

面積や住人なんかは釣行に関係ないので「関門海峡に浮かぶとっても小さい島」と思ってください。

この市営渡船、「馬島」に泊まった後に「藍島」という島まで行くんで、観光客や釣り客が大勢船に乗ってきます。
「藍島」では、何年か前に友達とサビキ釣りしてアジが束を超える記録を出しました。
なので離島では良い思い出しかなかったんです。
そしてさらに、釣具屋さんに聞いた情報からサーチして今回「馬島」へ上陸したわけです。

というわけで春の陽気の中、朝10:30に小倉を出航。そして十数分で到着。
船の客室から外の海を見れば、海面がうねってました。この時点で期待薄・・・。

上陸してすぐ気づいたこと、それは。
やばっ、風強!!でした。


YAHOOの予報では吹いても4m位だったのに、この時点で10m位吹いてました。

船着場から左手のコの字状の波止へ・・・

吹いてくる風に、顔を真っ青で仕掛けを作り。コの字の波止から内湾へと探りを入れていきます。錘は5号。
外海にも竿を一本出しておきます。錘は20号。

なぜ外海と内湾で錘の重さをこんなに変えるかというと、外海の沖に沖堤防があって、多少潮が止まっているものの、何しろ激流の関門ですからある程度の重さの錘が必要だからです。
逆に内湾は流れが全くないし浅い。重い錘を投げ込むと魚が逃げてしまうので、軽い錘が必要というわけです。


探ったり、待ち釣りをしていたら天気は次第に悪化。雨がポツポツ降り出しました。風の具合も良くない。

一時間粘って、移動。島の反対側へ・・・。

そこには砂浜があって、風浦でした。よし、と思って釣り再開。

・・・投げて一時。ラインに海藻が大量に絡みつく、それも多数。
春は海藻が生え変わる時期でしたね、そういえば。


もう駄目だと思い納竿。一本早い帰りの船で帰りました。

この釣行でわかった離島釣行の性質。
・天気や下調べを入念にしておくこと。
・でも実際行ってみないとその釣り場の性質は分からない。
・サーフや波止で釣る時以外は、ライフジャケットを着用。
・一度行った離島は船の時間、季節によって変わる釣り場場の性質をメモっておく。
・同じ船に乗る人や島民さんとの交流(釣り場は絶対荒らさないこと)
・やっぱ大物が出ることは確か。


更新遅くなってすみません!!色々やってるうちに今になっていまいました

ダイワ(Daiwa) ウインドサーフ 35 細糸

新品価格
¥9,900から
(2012/4/5 18:44時点)



ダイワ(Daiwa) キャスティズムT 25-385

新品価格
¥25,725から
(2012/4/5 18:45時点)






オススメ!!レンタルサーバー

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
エサイチ・エイトオンライン
Amazon
プロフィール

SHUN-SUKE

Author:SHUN-SUKE
福岡県の小倉~門司の関門海峡がホームグラウンド。
自転車釣行での投げ釣りが主。
愛竿はキャスティズム385-25T。

自称「オワコン\(^o^)/釣り師」
でも1ヶ月、1~2回の釣行が何よりも楽しみ。

最近バイト始めたんだって。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。