スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月、梅雨&金銭難で釣り行けないっす

どうも、SHUN-SUKEです。

6月に入りなんと九州、中国、四国、近畿が一気に梅雨入りしてしまい、orzな状態です。
さらには金銭難が初旬なのに襲って来て、さらにorzになっています。


只今、遅いながらも就活中の僕です。
もう少しで職に着けると思うと今は我慢ですよね。


とりあえず今回は、この間釣具屋で竿を直してもらい、それを取りに行った時の話をしますか・・・。

とりあえず楽器屋に行って、それから竿を貰いに行こうと思って自転車で釣具屋へ。
店に入るといつものおじちゃんが迎えてくれました。

もう顔なじみの釣具屋。おじちゃんは竿をどうやって直したか丁寧に説明してくれます。

竿の調子等やガイドのかみ合わせ等がちゃんと整うように、テーパーで巻いて穂先を止めてくれたそうです。

・・・ちょっと重症だったみたいなのに「やっぱり大事に使って欲しいから」と言って、しっかり直してくれたみたいです。
もう竿を折るなんてヘマはしないぞ、と心に誓った瞬間でした。それで700円。

そんな話の流れから、投げ竿の話になりました。

おじちゃんも投げ釣り師なので盛り上がる盛り上がる。

僕の愛竿はダイワのキャスティズム25-385Tですが、やっぱり引き釣りをするには30~33号クラスがいいのだそうです。投げる距離と感度が取れるのはそのくらいの方が・・・という話でした。

しかし33号は重たいというイメージがあることを伝えたところ、おじちゃんが奥から出してきたのは自分の愛竿のダイワトーナメントサーフの33号クラス。
このロッドには加工がしてあって8本ガイドを6本に変えてありました。

軽い、そして振り抜き易い。これは感動ものでした。

次、竿を買う時は3万円位の並継ぎで33号クラスを買おうと決意しました。(トーナメントサーフは6万位しますが・・・)

そして、ガイドも6本に改造しよう、その時はこの店で・・・。

なんて思っている時に見せてくれたのは一世代前のダイワZ45という投げ用リール。
これもめちゃくちゃ高いのですが、やっぱり重量と巻きの軽さが違う。

さらに、ラインはPEでも力糸はナイロンでも良いと教えてくれたり。かなり勉強になりました。

そして竿職人として、そして釣具屋としてのの愚痴みたいなことも言ってましたよ。

「自分でストリップタイプの竿を誂えて売って、その竿を30分もせずに折ってきた人がいた。その人は魚がきて折れたと言っていたそうだが、折れ口を見てすぐ違うと思った。結局近くで見ていた人がいて投げた時にミスって折れた物だった。それはやっぱり悲しい」と。

みなさん、竿は死ぬほど大切にして絶対折らないようにしましょう。
そして大体折れ口で分かるそうなので絶対折れた状況の事を嘘は吐くな、正直に言え、ということです。


僕も不注意で折ってしまったので、こんなことがもう無いよう気をつけます。

勉強になりました。ありがとう。とおじちゃんに言いたいです。

ダイワ(Daiwa) トーナメントサーフT II 35-405 05266740

新品価格
¥53,760から
(2012/6/11 18:43時点)



ダイワ(Daiwa) プレジャーHG 2500 ライン付き 4960652749053

新品価格
¥2,289から
(2012/6/11 18:44時点)








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
エサイチ・エイトオンライン
Amazon
プロフィール

SHUN-SUKE

Author:SHUN-SUKE
福岡県の小倉~門司の関門海峡がホームグラウンド。
自転車釣行での投げ釣りが主。
愛竿はキャスティズム385-25T。

自称「オワコン\(^o^)/釣り師」
でも1ヶ月、1~2回の釣行が何よりも楽しみ。

最近バイト始めたんだって。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。